初恋の先生がダチ共に寝取られるまで

特訓!名門学園の性処理マネージャー~いつでもどこでもSEX開発!~のネタバレ【ハイエロ】

特訓!名門学園の性処理マネージャー~いつでもどこでもSEX開発!~ 著:ハイエロ

特訓!名門学園の性処理マネージャー~いつでもどこでもSEX開発!~のネタバレ・感想です。

著:ハイエロ

エロ漫画の内容にネタバレ含みます。

レビューもしているので是非見てってね!

リンク先「特訓!名門学園の性処理マネージャー」で検索

まんが王国公式で読む

BookLive!コミックで読む

無料で試し読みができる

特訓!名門学園の性処理マネージャー~いつでもどこでもSEX開発!~の内容

名門学園に足を踏み入れた『青葉』

スポーツ強豪校だが「マネージャー特別枠」でたまたま入学することができた。

 

「初めまして青葉くん 女子マネージャー部 顧問の泉野真帆です」

泉野は部活の内容を一通り説明してくれた。

どうやら、青葉の仕事は、運動部の女子マネージャーのマネージャーをするらしい。

 

「女子マネ部のマネージャーって何をするんですか・・・?」

泉野は服を脱いで答える。

「セックスよ♡」

 

青葉のズボンを脱がし、泉野のおっぱいが背中に密着する。

後ろからチンコを一通り触ると、上下に擦り始めた。

「えっ・・・?あの・・」

「女子マネージャーはね、運動部の性処理をするのよ」

「そのために女子マネージャーの訓練をして欲しいの」

 

泉野が部活について説明しながら、さらに手の動きが加速していく。

「あっ先生・・だめですっ出ちゃいます・・・」

「いいのよ・・私の手の中に出して・・・」

「あぁっ・・!出るっ!!」

泉野は耐え切れずに射精してしまった。

 

「それじゃ・・今度は先生の膣内に出してみて」

泉野はベッドの上でだらしなく股を広げている。

「・・・先生」

 

青葉は辛抱たまらず泉野に挿入し、激しく腰を打ち突けていく。

「あんっ・・・!!あんっ♡」

「ああっもう先生出るっ!!」

「いいよ・・・出して」

 

ドピュッドピュッ~~~~!!!

「お疲れ様青葉君・・・入部おめでとう」

特訓!名門学園の性処理マネージャー~いつでもどこでもSEX開発!~のレビュー

有名進学校に運よく入学できた青葉!

女子マネージャー部、通称『女子マネ部』とエッチな特訓を任される。

女子マネ部である4人の美少女と毎日セックスし放題!

清楚系の明里ちゃん、生意気な妹系の咲樹ちゃんなど色んな可愛い子が勢ぞろい。

だが、女子マネ部には暗い歴史がっ!

それを知った青葉はどう動く!?

リンク先「特訓!名門学園の性処理マネージャー」で検索

まんが王国公式で読む

BookLive!コミックで読む

無料で試し読みができる